相談の多い病気

ページ一覧

【 不正性器出血(不正出血) 】と漢方薬による治療

不正性器出血(不正出血)とは


不正性器出血とは生理的に正常な出血、つまり月経による出血を除いた女性器からの出血を指します。「生理的に正常な出血」には月経による出血の他に出産時の出血、さらに月経と月経の間に起こる排卵期出血も多くの場合は含まれます。したがって、上記に該当しない出血が不正性器出血といえます。


上記の定義に従えば不正性器出血は非常に多くの病態を包括することになります。その一方で不正性器出血は大きく器質性出血と機能性出血の二つに分けて考えることができます。そこで下記では不正性器出血を器質性出血と機能性出血に分けて詳しく解説してゆきます。


器質性出血とは

器質性出血とは女性器(膣、子宮、卵巣など)の形体に異常が起こったために現れる出血です。より簡単に表現するなら器質性出血は女性器における腫瘍、炎症、外傷などによって起こる出血といえます。


具体的には子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮外妊娠、性交時の裂傷などが含まれます。上記の定義とはやや乖離してしまいますが、白血病や紫斑病などの血液疾患による不正性器出血も器質性出血に包括されます。


機能性出血とは

機能性出血とは上記で挙げたような器質的異常以外の原因によって起こる女性器からの出血を指します。ちなみに定期的に訪れる月経による出血は根本的に「異常」ではないので機能性出血には含まれません。


機能性出血の主な原因に女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌バランスの乱れが挙げられます。そもそも月経は規則的な女性ホルモンの分泌によって厳密にコントロールされています。女性ホルモンは一方で精神的・肉体的ストレス、そして無理なダイエットなどによって分泌に乱れが生じます。結果的に女性ホルモンの分泌バランスの崩れが不正性器出血という形で表出するのです。


ストレスやダイエット以外にも機能性出血は性的に未成熟な若い女性(女児)や更年期の女性にも起こりやすいです。それは両者とも女性ホルモンの分泌が不安定になっているからであり、多くの場合は時間の経過とともに出血は沈静化してゆきます。


不正性器出血(不正出血)の西洋医学的治療法


不正性器出血の西洋医学的治療法は器質性出血か機能性出血かによって異なります。基本的には器質性出血の場合は子宮筋腫や子宮内膜症といった原因、つまり病気が存在しています。したがって、器質性出血の治療は上記のような病気の治療の一部として行われます。


その一方で機能性出血の場合はしばしば治療の対象とならない場合があります。貧血が深刻なケースでは鉄剤、それでも貧血がひどい場合や出血によってQOL(生活の質)の低下が大きい場合は低用量ピルが用いられます。低用量ピルはホルモンバランスの乱れを改善できれば大きな力になりますが、頭痛や吐き気などの副作用も起こりやすいので慎重に使用されます。


不正性器出血(不正出血)の漢方医学的解釈


不正性器出血は本来ならば身体内に維持しておかなければならない血液が漏れ出てしまっている状態といえます。血も含めて身体にとって必要なものを維持するはたらきは気が担っています。このような気の持つ力を固摂(こせつ)作用と呼びます。


したがって、気が不足してしまうと十分に固摂作用がはたらかず、血が漏れ出してしまいます。気の不足は専門的には気虚と呼ばれますので、多くの不正性器出血には気虚が根底にあるといえます。さらに血は気から生まれ変わったものでもあるので気の不足は血にとっての原材料の不足であり、出血によって不足はより深刻化してしまいます。このような気も血も不足してしまう状態を気血両虚と呼びます。


気の不足にはさまざまな原因が考えられます。過労、睡眠不足、食欲不振、慢性的な病気による消耗、精神的ストレスによって気の流れが滞り、そこから気の不足に陥ってしまうケースもあります。さらに不正性器出血は身体内の過剰な熱の暴走によって起こることもあります。このように不正性器出血を考える際は症状だけではなく生活状態も含めて多面的な視点が必要になります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた不正性器出血(不正出血)の治療


不正性器出血の根底には多くの場合において気虚が存在し、出血が慢性化してしまうと気血両虚に陥ってしまいます。そこで不正性器出血の治療には気を補い、なおかつ血も補う必要があります。前者はより根本治療的であり、後者は対処療法的ではありますがその境界は明確ではありません。なぜなら上記で血は気から生まれると説明しましたが、血から気への変換も身体内では行われると考えるからです。


まず気を補うためには人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などの補気薬を含んだ漢方薬が用いられます。それらに加えて血を満たす地黄、当帰、芍薬、阿膠などの補血薬が合わせて使用されます。血を補う生薬は胃にもたれるものが多いので、脾胃(消化器)の状態を良くする補気薬とうまく併用することでそのような問題をクリアできます。


補気薬や補血薬以外にも止血効果のある阿膠や艾葉も不正性器出血の漢方薬には欠かせません。それ以外にもなぜ気が不足してしまったのかを考えて漢方薬を用いる必要があるでしょう。


不正性器出血(不正出血)の改善例


患者は30代前半の女性・中学校教師。学生時代はやや生理不順があるくらいで、周りの友人のように強い生理痛などに悩まされることもありませんでした。しかし、教師となり授業以外に部活動の顧問や教材作りに忙殺されるようになると徐々に疲労感が取れなくなってしまったという。


次第に疲労感だけではなく保護者からのクレーム処理などにも追われ、眠っても2~3時間後に目が覚めてしまうようになり睡眠時間も減少。そのような時期に生理が終わった1週間後に不正出血が起こるようになってしまった。一時的なものと考えていたとのことですが、その後も決まって生理後に不正出血が続くようになり疲労感が全く抜けなくなってしまったという。


産婦人科を受診しても子宮筋腫や子宮内膜症などの病気は発見されず、鉄剤のみが処方されました。しかし、鉄剤を服用しても身体の重だるさなどはとれず、漢方薬の服用を希望されて当薬局にご来局。


詳しくお話を伺うと定期的な不正出血に加えて疲労感、めまい、動悸、そして眠りの浅さなどに悩まされているとのこと。これらのご症状からこの方は学校の仕事によって疲弊し、気を消耗。そこから不正性器出血を起こし気血両虚に至ったと考えました。そこで漢方薬は人参、黄耆、地黄、当帰、艾葉など気血を補い出血を抑える内容で選択しました。


漢方薬服用から5ヵ月が経つ頃になると疲労感と動悸が軽減されて、顔色も良くなられていました。まだ不正出血はあるということですが出血している期間と出血量はともに減少。生理用品の使用量は大きく減ったとのことでした。良い経過だったので調節は加えず、同じ漢方薬を継続していただきました。


通算で1年半が経つと、不正出血は全くなくなり、生理周期も約28日間に固定されるようになっていました。血虚によると考えられていた眠りの浅さも解消され、疲労感がたまりにくい環境も揃いました。この方には現在も精神的ストレスに対応した漢方薬を織り交ぜながら継続して服用して頂いています。


おわりに


不正性器出血は不快なだけではなく、貧血によって疲労感、めまい、動悸、集中力の低下などの症状も問題となります。いつ出血してしまうかわからず、積極的に外出できなくなってしまい行動範囲が狭まってしまうことも二次的な問題といえるでしょう。


漢方薬は西洋薬では対応しきれないより根本的な原因に対応することができるものです。当薬局では西洋薬を使用してもなかなか改善が見られなかった方がしばしばご来局されます。そして上記の具体例のように漢方薬の服用によって症状が軽快される方が多くいらっしゃることから不正性器出血と漢方薬は「相性」が良いと実感しています。是非一度、不正性器出血にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

このページの先頭へ