相談の多い病気

ページ一覧

【 月経前症候群(PMS) 】と漢方薬による治療

月経前症候群(PMS)とは


月経前症候群とは月経(生理)の7~10日くらい前に起こる不快な身体症状と精神症状を指します。しばしば英語表記のPremenstrual Syndromeの略であるPMSや月経前緊張症とも呼ばれます。最近は「月経前症候群」という名前より「PMS」という略称の方が市民権を得ている感があります。


月経前症候群は腹部や胸の張り、頭痛や腹痛などの身体症状と憂うつ感やイライラ感などの精神症状が現れます。このような月経前症候群による症状は周期的な女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)分泌量の変動によって起こるといわれており、月経がはじまると徐々に消えてゆくという特徴があります。


月経前症候群は決して珍しいものではなく正常な生理周期を保っている女性の約半数が患っているともいわれるほどです。月経前症候群の特徴として身体症状と精神症状を含む点が挙げられますが、精神症状が特に強く現れるタイプを月経前不快気分障害(PMDD)と呼び区別する場合もあります。


月経前不快気分障害(PMDD)とは


月経前不快気分障害とは月経前症候群の中でも特に精神症状が強く現れるタイプを指します。英語表記のPremenstrual Dysphoric Disorderの略であるPMDDや月経前不機嫌性障害とも呼びます。


まだくわしく月経前不快気分障害の原因は明らかにされていませんが、月経前症候群と同じく女性ホルモンの分泌量の変化やセロトニンという神経伝達物質の減少によって引き起こされていると推測されています。月経前不快気分障害に関しては 月経前不快気分障害(PMDD)と漢方薬による治療のページをご覧ください。


月経前症候群(PMS)の原因


月経前症候群も月経前不快気分障害も月経直前に起こる女性ホルモン分泌の急激な低下が原因と考えられています。そもそも女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンは受精卵を受け止める子宮内膜を成長させる働きを担っています。しかし、受精卵が現れないと豊かな子宮内膜は不要です。そこで女性ホルモンの分泌は急激に低下して、栄養不足になった子宮内膜は崩壊し、それが月経となります。


したがって、月経前症候群は子宮内膜を更新するための工程で起こってしまう不快症状とも考えられます。しかし、上記でも述べたとおり月経前症候群は月経が起こるすべての女性に起こっていない点からも女性ホルモンの急激な減少以外にも原因があるとも考えられています。


月経前症候群(PMS)の症状


繰り返しになりますが月経前症候群は多彩な身体症状と精神症状を含んでいます。そもそも女性ホルモンに限らずホルモンは身体内において極めて微量でありながらとても多くの生理活性を示す物質です。そのようなホルモンの特性によって、女性ホルモンの変動は子宮内膜の更新という「ミクロな作用」だけではなく身体全体に大きく影響を及ぼします。


具体的な月経前症候群における身体症状としては腹部や胸の張り、むくみ、頭痛、腹痛、腰痛、身体の重だるさ、疲労感、食欲不振や吐気、下痢や便秘、めまいなどが挙げられます。精神症状としては気力や集中力の低下、短気、不安感、憂うつ感、不眠、過剰な緊張、興奮、感情の激しい上下などが代表的です。このような精神症状が身体症状と比較して強く出る場合、上記でも挙げました月経前不快気分障害(PMDD)に当たると考えられます。


月経前症候群には多彩な症状が含まれますが個々人によってその症状の内容は異なり、症状が現れる頻度や強さもまた異なります。月経前症候群に加えて生理中から生理後にかけて生理痛や出血が強く現れてしまう方の場合、1ヵ月間のうち半分以上の期間で不快な症状に苦しめられてしまうことになります。


月経前症候群(PMS)の西洋医学的治療法


月経前症候群の明確な原因がわかっていないために治療はどうしても対処療法的になってしまいます。最も一般的な治療法は低用量ピルを用いたホルモン療法になります。それ以外に頭痛や下腹部痛などに対しては鎮痛薬、精神症状に対しては抗不安薬などが用いられます。


治療とは異なりますが、カフェインを含んだ食品や飲物(コーヒー、チョコレート)、むくみを悪化させる塩分の高い食品、アルコールなどを控えることで症状の軽減を図ることができます。その他にもウォーキングや水泳などの運動も有効です。


月経前症候群(PMS)の漢方医学的解釈


月経前症候群には主に気の滞りである気滞と血の滞りである瘀血が関与していると考えられます。気と血はお互いに強く関連しあっているので片方の問題(滞りや不足など)はすぐにもう片方に悪影響を及ぼしてしまいます。つまり、気滞と瘀血はしばしばセットで現れやすいのです。


まず精神的ストレスなどを原因として起こりやすい気滞の症状も大きく身体症状と精神症状に分けられます。前者としては胸や喉の閉塞感、胸や腹部の張り感、腹痛、下痢や便秘などの排便異常、吐気やゲップ、食欲不振、胸痛や腹痛などが挙げられます。精神症状にはイライラ感、憂うつ感、短気、不眠などが起こりやすいです。


血は気の力によって身体を巡っています。したがって、気の流れが滞ることによって気が持つ力が充分に発揮されないと血もまた滞ってしまいます。血の滞りによって起こる症状は顔色の暗色化、鋭い頭痛、肩凝り、冷えのぼせ、生理不順や生理痛、不正性器出血などが代表的です。


したがって月経前症候群において精神症状が強いケース、月経前不快気分障害(PMDD)のケースでは気滞の状態が強く出ていると考えられます。さらに月経前症候群に加えて、生理中や生理後も腹痛や不正性器出血に悩まされる方のケースでは瘀血の状態がより深いといえるでしょう。


気と血の問題以外にもむくみ、めまい、吐気、食欲不振、重だるさなどが強い場合は津液の滞りである水湿などの関与も考えられます。このように生理前症候群を漢方医学的に見てゆく場合、気血の状態を中心に捉えつつ全身で起こっている症状をしっかり考慮に入れる必要があります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた月経前症候群(PMS)の治療


月経前症候群の多くのケースにおいて気の滞りと血の滞りが深く関係しています。したがって、月経前症候群の治療にはうまく巡っていない気と血の流れをスムーズにすることが大切になります。


まず血を流す生薬(活血薬)には当帰、川芎、牡丹皮、紅花、延胡索などが挙げられます。もし月経前症候群にくわえて不正性器出血もみられる場合は血を補う力にも優れている当帰、生理痛が強い場合には鎮痛効果も高い延胡索がしばしば用いられます。


気を巡らす生薬(理気薬)には柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子などが代表的です。香附子には気を巡らすだけではなく鎮痛効果や生理を整える働きもありますので月経前症候群に加えて生理不順や生理痛がある場合に適しています。


基本的にはこのような活血薬と理気薬を上手く組み合わせた漢方薬が月経前症候群の治療に用いられることになります。しかし、月経前症候群の病態は個人差が多いので気自体が不足していれば気を補う生薬、水湿があるようなら津液を巡らす生薬を含んだ漢方薬も検討されます。このように月経前症候群という病名だけで用いられる漢方薬が決定されることは無く、あくまでも現れている症状や体質に則した形の漢方薬が用いられます。


月経前症候群(PMS)の改善例


患者は30代前半の女性・ピアノ講師。いつも生理の1週間前頃から急激に気力と意欲がなくなり、レッスンに集中できなくなってしまうという。生徒にピアノを教える今の仕事は「接客業」でもあるので、生徒に迷惑をかけないようになんとか力を振り絞って対応していたという。


生理が始まると今度は胸の張り感や下腹部痛がつらくなり、1ヵ月のうち半分以上で不調な状態となってしまっている。婦人科で鎮痛薬と軽い抗不安薬を処方されましたが、痛みはとれるものの、代わりに起こる眠気や頭の重さで仕事が手につかなくなってしまう。婦人科からは低用量ピルの服用も勧められましたが抵抗を感じ、漢方薬を試してみようと当薬局にご来局。


詳しくご様子を伺うと生理前の不調に加えて慢性的な疲労感にも悩まされているとのこと。さらに最近は眠りが浅く、よく夢を見る。生理が始まると下腹部にひねられるような強い痛みが起こり、やはりレッスンに集中できなくなってしまう。


この方にはまず、気滞による精神症状を解消するために柴胡、香附子、そして血を流す芍薬、桃仁などから構成される漢方薬を服用して頂きました。それに加えてカフェインを含む食品や飲み物を控えて頂き、お風呂にもぬるめにゆっくりと浸かって頂くようお願いしました。


漢方薬を服用し始めて4ヵ月が経つと、よく眠れるようになり疲労感が軽減してきたとのこと。生理痛も鎮痛剤を使わなくても過ごせる月があり、だいぶ仕事も含めて生活が楽になったとおっしゃられていました。全体的に回復傾向だったので同じ漢方薬をご本人も希望されました。


それからまた3ヵ月が経過した頃には生理前に起こっていた気力減退の「幅」も縮まり、毎日のレッスンに支障が出ることはなくなりました。つらい胸の張り感や肩こりもなくなりPMSと考えられるご症状はほぼ緩和しました。この方は漢方薬を服用していると「職業病」である肩凝りや首筋の凝りも改善するということで継続服用して頂いています。


おわりに


最近は「PMS」という言葉も広がり、当薬局にいらっしゃった方が開口一番「PMSに悩んでいるんです」と訴えられることもしばしばです。月経前症候群は長いケースでは生理前の2週間くらいの期間、つらい症状に悩まされます。もし生理後の不調(生理痛や出血過多など)も重なってしまうとQOL(生活の質)は大きく低下してしまいます。


漢方薬は西洋薬では対応しきれないより根本的な原因に対応することができるものです。当薬局では西洋薬を使用してもなかなか改善が見られなかった方がしばしば来局されます。そして漢方薬を服用し始めてから、月経前症候群による気分の沈みやイライラ感などの症状が少しずつとれてくることから月経前症候群と漢方薬は「相性」が良いと実感しています。是非一度、月経前症候群にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

このページの先頭へ