相談の多い病気

ページ一覧

【 呑気症(空気嚥下症) 】と漢方薬による治療

呑気症(空気嚥下症)とは


呑気症(どんきしょう)とは意図せずに多くの空気を飲み込んでしまい、ゲップや腹部の張り、吐気といった不快感が生じるものです。呑気症はしばしば空気嚥下症(くうきえんげしょう)とも呼ばれます。


人間は普段から食事の際、食べ物や飲み物と一緒に空気も飲み込んでいます。一方で呑気症の場合はその量が多かったり、食事以外の時にも無意識に空気の飲み込みが行われてしまいゲップなどの症状が起こります。


呑気症では空気を吸い込んだことによる上記のような症状以外にも、歯のかみしめによる顎(あご)の痛み、首や肩の凝り感といった症状が起こることもあります。これらの症状を「噛みしめ呑気症候群」と呼びます。


呑気症(空気嚥下症候群)の原因


呑気症の原因はまだはっきりとわかっていませんが、精神的なストレスとの関連が強いと考えられています。特に緊張感や不安感が大きい時などに生じやすいとされています。


一方で呑気症によりゲップが繰り返されることで胃酸の逆流を誘発し、喉に炎症が起こってしまう逆流性食道炎の原因になってしまうこともあります。


呑気症(空気嚥下症)の症状


呑気症は空気の飲み込みによるゲップ、吐気、胸やけ、胃痛、腹部膨満感(お腹の張り)、ガス(おなら)といった症状を引き起こします。ゲップやガスを出すことで一時的に症状が緩和されることもありますが、多くの場合において症状はすぐにまた現れてしまいます。


患っている方は知人との会食の際など、ゲップやガスを出しにくい状況がよりストレスとなってしまい、症状が悪化する悪循環にも陥りやすいのが呑気症の特徴です。


大量の空気の吸い込みによっておこる胃腸症状に加えて、呑気の際に歯をかみしめてしまうことによっておこる「噛みしめ呑気症候群」と呼ばれる症状が現れることもあります。噛みしめ呑気症候群は無意識のうちに歯をかみしめてしまうことで起こる、顎の痛みやだるさ、肩首の凝り痛み、頭痛、眼痛、歯の摩耗とそれによる刺激に対しての痛みなどが含まれます。


呑気症(空気嚥下症)の西洋医学的治療法


呑気症は西洋医学的にその原因が不明確なので、西洋薬による治療法はまだ確立されていません。その一方で鎮吐薬や消化酵素薬といった消化管機能改善薬を用いるケースが多いです。それらに加えて精神症状が顕著な場合は安定剤の使用も検討されます。


呑気症(空気嚥下症)の漢方医学的解釈


呑気症は漢方医学において気滞との関連が深いと考えられます。気滞とは主に精神的ストレスなどによって気の巡りが悪くなることによって起こる病的状態です。


気滞によって起こる典型的な症状としては喉のふさがり感、ゲップ、胸部や腹部の膨満感、食欲不振、吐気、胃や腹部の張り痛み、ガス、下痢や便秘といった排便トラブル、憂うつ感やイライラ感、生理不順や生理痛、不眠など非常に多岐にわたります。


気の巡りが悪くなると上記の通り、精神症状に加えて消化器系の症状が起こりやすいことが知られています。呑気症は特に上腹部で生じた気滞による症状が顕著化した、胃気滞と呼ばれるケースと考えられます。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた呑気症(空気嚥下症)の治療


呑気症を気滞と捉えた場合、その治療方法は滞ってしまった気の巡りを改善する理気が中心となります。したがって漢方薬は気の流れを良くする柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子などの理気薬を含んだものがしばしば用いられます。


上記に加えて呑気症が慢性化すると空気を吸い込んでしまうことを過度に心配して食欲不振に陥ってしまうことも少なくありません。もし食欲不振、疲労感や気力の低下などの気虚(気の不足)症状も顕著なケースでは人参、黄耆、白朮、大棗、甘草などの補気薬も含めます。


呑気症の原因が気の滞りの場合、そこから連鎖的に気の不足やさらには血や津液の巡りにも支障が出てしまいます。したがって呑気症の治療には総合的な視野が欠かせません。「呑気症」という病名にだけこだわらず、心身においてどのようなトラブルが起こっているのかを把握することがとても大切です。


生活面での注意点と改善案


呑気症を気滞の一症状と考えた場合、過剰な精神的ストレスの蓄積は避けるべきです。しかしながら、ストレスは避けようとして避けられるものではありません。まず建設的な対処法としては休日や睡眠時間を削り過ぎないことが大切です。


そして食生活においては脂肪分や香辛料が多いもの、炭酸飲料は避けるべきです。加えてできる限り温かい食べ物を摂るように努めましょう。


気の巡りの改善には早歩き程度のウォーキングも有効です。心身がリラックスされ、筋肉の過剰な緊張による腹部の張り感や首肩凝りの改善にもつながります。噛みしめ呑気症が顕著な場合、マウスピースの装着も有効です。


呑気症(空気嚥下症)の改善例


患者は30代前半の男性・会社員。もともと緊張しやすく、緊張してしまうと吐気やゲップが出やすかったとのこと。現在の会社に就職し、先輩たちと一緒に食事を摂るようになると緊張からか吐気やゲップに加えて腹部の張り感も現れるようになったという。これらのご症状が出始めてからは、簡単にのみ込める麺類ばかり食べているとも。


消化器内科を受診して鎮吐薬と胃酸分泌を抑制する薬を半年服用してもご症状の改善は見られず、当薬局にご来局。ご様子を伺うと典型的な呑気症のご症状に加えて腹痛と便秘もあり、ご症状は消化器全体に現れていました。そこでまず呑気症などの原因は気滞によるものとみて、気を巡らす柴胡、芍薬、枳実、半夏、陳皮などから構成される漢方薬を服用して頂きました。


服用から3ヵ月が経つとだいぶゲップや吐気といった上腹部のご症状は改善してきましたが、今度は疲労感や軟便が気になるとの訴え。そこで半夏や陳皮に加えて人参、白朮、茯苓などの気を補う漢方薬に切り替えてまた数ヶ月服用して頂きました。


服用から半年以上が経過したころにはほぼ呑気症と思われるご症状は消え、同僚たちとも問題なく会食が行えるまで回復されました。その一方で体格的にやせ形で体力も決して充実しているといえない方でしたので、引き続き、気を補いつつ巡りも改善するこの漢方薬を継続的に服用して頂いています。


おわりに


「呑気症」や「空気嚥下症」という病名は知名度が低い一方で、ゲップや吐気、膨満感といった症状に長年悩んでいる方は決して少なくありません。消化器内科や心療内科などを受診してもなかなか改善されないケースも多い病気です。


漢方薬を用いた呑気症の治療はその方の症状に合わせて調節が幅広く行える点が強みになります。当薬局をご来局の方の多くが典型的な呑気症の症状に加えて緊張感や不安感、過敏性腸症候群による腹痛や下痢なども併せ持っています。このような方にも対応できるのが漢方薬の優れた点です。呑気症でお困りの方は是非一度、ご来局頂ければと思います。

このページの先頭へ