相談の多い病気

ページ一覧

【 眼瞼痙攣(メージュ症候群と眼瞼下垂を含む) 】と漢方薬による治療

眼瞼痙攣(メージュ症候群と眼瞼下垂を含む)とは


眼瞼痙攣は瞼(まぶた)を閉じるための筋肉が過剰に緊張し、うまく眼が開かなくなってしまう病気です。眼瞼痙攣はジストニアという病気の一種です。ジストニアとは不随意、つまり自分の意志とは関係なく筋肉が緊張してしまい動作が止まってしまったり、身体が捻じれてしまう病気です。眼瞼痙攣の場合はまぶたという一部分(局所)に起こるため局所性ジストニアに分類されます。


眼瞼痙攣を主症状とする病気にメージュ症候群が挙げられます。メージュ症候群は眼瞼痙攣、まぶしさや光に対する過剰な不快感、まばたき、顔や口のしかめなどを主症状とします。メージュ症候群によって起こる筋肉の動きも不随意なものであり、意識してコントロールすることができません。眼瞼下垂もまぶたを上げる筋肉や神経のトラブルによってまぶたが下がってしまう病気です。本ページでは眼瞼痙攣にくわえてメージュ症候群と眼瞼下垂についても解説してゆきます。


眼瞼痙攣(メージュ症候群と眼瞼下垂を含む)の原因


まぶたの開閉を行っている眼輪筋を含む顔の筋肉は脳から伸びている神経によってコントロールされています。眼瞼痙攣やメージュ症候群、そして眼瞼下垂はこの神経か脳(特に大脳基底核と呼ばれる部分)が何らかの影響によってうまく機能しなくなったことが原因とされています。しかしながら、どのような問題が発端となって眼瞼痙攣などが起こるのか、まだ明確には解明されていません。


眼瞼痙攣(メージュ症候群と眼瞼下垂を含む)の症状


眼瞼痙攣は眼輪筋が異常に緊張してしまうことによってまぶたが開けにくくなってしまう病気です。眼瞼痙攣のより具体的な症状としては眼がうまく開けられない、まばたきの増加、光が過剰にまぶしくなる、眼の乾燥、眼の周辺がピクピクと動くなどが挙げられます。その他にも眼の痛み、異物感、かゆみ、涙が過剰に出るといった症状が出る場合もあります。


メージュ症候群の場合はこれら眼瞼痙攣の症状に加えて口や鼻など顔の筋肉の不随意運動が加わります。口を左右に動かしたり、顔をクシャッと中央に寄せるような独特な動きを繰り返すという特徴がメージュ症候群にはみられます。


眼瞼痙攣やメージュ症候群は比較的、女性に多い病気といわれており男性の2~3倍の頻度といわれています。特に中年以降に多く見られ、まぶたが開きにくくなる症状が顕著に現れやすいという特徴があります。


眼瞼痙攣(メージュ症候群と眼瞼下垂を含む)の西洋医学的治療法


主に筋弛緩作用のある薬や抗不安薬などが用いられます。その他にもボツリヌス菌の毒素を加工した薬をまぶたに注射して、筋肉の緊張を取り除くという治療法もあります。しかしながら、確実かつ継続的に眼瞼痙攣やメージュ症候群を治療できる方法は確立されていません。


眼瞼痙攣(メージュ症候群と眼瞼下垂を含む)の漢方医学的解釈


眼瞼痙攣やメージュ症候群の症状は筋肉の動きをうまく制御できないことが根本にあります。漢方において筋肉の動きは肝がコントロールしていると考えます。肝は筋肉の動きだけではなく、眼の働きを維持したり、気持や感情を落ち着ける働きを担っています。


この肝の働きが何らかの原因で失調した場合は筋肉の動き、眼のはたらき、精神状態に問題が生じてしまいます。筋肉の不調は眼瞼痙攣やメージュ症候群、痙性斜頸、書痙などのジストニアに繋がります。眼瞼痙攣特有のまばたきも筋肉と眼の失調に寄るところが大きいでしょう。そして、気持ちの乱れはイライラ感、怒りっぽさ、情緒不安定、ヒステリーなどを誘発します。


したがって、漢方においては肝に注目して眼瞼痙攣やメージュ症候群、その他の局所性ジストニアの治療を行うことになります。眼瞼痙攣の症状に肝の失調が関与していることは上記で説明したとおりでしたが、根本的になぜ肝が失調してしまったのかを考える必要があります。肝は多くの場合、精神的なストレスによって働きが低下してしまいます。したがって、精神的ストレスが多い場合はそれに対するケアも必要になります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた眼瞼痙攣(メージュ症候群と眼瞼下垂を含む)の治療


上記で述べてきた理論のとおり、漢方薬を用いた眼瞼痙攣などの治療は肝の状態を改善することが中心となります。肝の機能の低下は、肝にためられていた血が消耗された結果として起こると考えます。したがって、眼瞼痙攣やメージュ症候群などの治療は血を補う漢方薬が中心となります。


血を補う生薬(補血薬)としては熟地黄、当帰、芍薬、阿膠、酸棗仁、竜眼肉などが挙げられます。特に芍薬は筋肉をリラックスさせる働きも持っているので眼瞼痙攣やメージュ症候群を治療する漢方薬にはしばしば含まれます。


さらに精神的ストレスを緩和することで肝血の消耗を抑える生薬(理気薬)、具体的には柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子などが用いられます。他にも筋肉の緊張や震えを鎮める釣藤鈎、気持ちを鎮める竜骨や牡蠣などの生薬も併用されることが多いです。


これら以外にも主訴や体質が微妙に異なる場合はそれに合わせて臨機応変に漢方薬を対応させる必要があります。したがって、実際に調合する漢方薬の内容もさまざまに変化してゆきますので、一般の方が自分に合った漢方薬を独力で選ぶのは非常に困難といえるでしょう。


眼瞼痙攣の改善例


患者は30代前半の女性・アクチュアリー(保険数理士)。日頃からパソコンに向かって細かな数字を見る仕事をしていましたが、数年前からとてもディスプレイの光がまぶしく感じるようになった。最初の頃は眼精疲労のせいだと思っていましたが、徐々にご症状が悪化。まぶしさだけではなく眼の乾燥感やまぶたの重さ、強い首肩の凝りにも悩まされるようになってしまいました。


仕事柄、眼を酷使する生活でしたがご症状の強さに不安感を覚え、眼科を受診。そこで単なる眼精疲労やドライアイではなく眼瞼痙攣と診断され、紹介された神経内科を再受診。筋弛緩薬と抗不安薬の服用を始めました。それでもまぶたの重さは緩和されず、とうとう眼が「半開き」状態となってしまいました。ネットで「眼瞼痙攣」と検索しているうちに当薬局の存在を知り、ご来局されました。


お話を伺うまでも無く、ご来局された当時は眼瞼痙攣のご症状は重くほとんど眼が開いていない状態に近くなっていました。まばたきも多く仕事だけではなく日常生活においても非常に困っていらっしゃいました。それでも仕事はなんとか継続されていましたが、心身ともに疲労困憊という状態。精神的なストレスはピークという印象でした。この方には精神的ストレスを緩和する柴胡や厚朴、筋肉の緊張を緩和する葛根や芍薬を含んだ漢方薬を服用して頂きました。


漢方薬を服用し始めて4ヵ月が経過すると肩首の凝りは大きく改善され、精神的には少しずつ余裕が出てきたとのこと。漢方薬は同じものを継続することにしました。数ヵ月後にはまぶたが大きく上がるようになり、やや「細目」になっている程度まで回復されました。この頃、仕事の繁忙期に加えて東日本大震災の影響で仕事が激増。とても疲労感が強いということで人参や黄耆を含んだ気を補う漢方薬を併用して頂きました。


漢方薬開始からちょうど1年が経過した頃にはまぶたは元通りに開くようになり、眼瞼痙攣のご症状はすべて消失しました。現在はコンタクトレンズを使用しているということで、ドライアイや肩凝り防止の漢方薬に変更して継続服用して頂いています。


おわりに


眼はスマートフォンやパソコンの操作から「アイコンタクト」のように日常的な「コミュニケーションツール」という働きも担っており、あらゆる場面において不可欠な存在です。したがって、眼瞼痙攣やメージュ症候群、眼瞼下垂の症状は生活してゆく中で大きな不自由を強いるもので、そのストレスは測り知れません。


漢方薬は西洋薬では対応しきれないより根本的な原因に対応することができるものです。当薬局では筋弛緩薬などの西洋薬を使用してもなかなか改善が見られなかった方がしばしば来局されます。そして漢方薬を服用し始めてからまぶたの下がりなどの症状が少しずつとれてくることから、眼瞼痙攣に代表されるジストニアと漢方薬は「相性」が良いと実感しています。是非一度、眼瞼痙攣にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

このページの先頭へ