相談の多い病気

ページ一覧

【 舌痛症 】と漢方薬による治療

舌痛症とは


舌痛症(ぜっつうしょう)とは舌に器質的な異常がないのに痛みが起こる病気です。「器質的な異常がない」とは舌に傷や潰瘍などの眼に見える異常が存在しない状態という意味です。くわえて、炎症を感知するような臨床検査値にも異常は現れないため、舌痛症は客観的に有無や程度を把握するのが困難な病気といえます。


舌痛症の発症には男女比がみられ、更年期を迎える40~50代の女性に多いことが知られています。研究によって幅はありますが、女性の方が男性に比べて10倍近く発症しやすいという報告もあります。


舌痛症の原因


舌痛症の明確な原因はまだ明らかになっていません。一方で更年期の女性に多い点などからホルモンとの関連や遺伝的な要因が関係しているという説が挙げられています。くわえて精神的なストレスや歯科治療(入れ歯の挿入や矯正など)をきっかけに症状が悪化したり慢性化しやすいことが知られています。


純粋な舌痛症とは異なり、舌に痛みを起こす病気などは多岐にわたります。具体的には亜鉛や鉄分といったミネラル不足、ビタミンB12に代表されるビタミン不足、薬の副作用によるドライマウス、口の中が乾燥してしまうシェーグレン症候群や糖尿病、口内炎を起こすベーチェット病、帯状疱疹ウイルスやヘルペスウイルスへの感染、口腔カンジダ症などが挙げられます。舌痛症の診断を確定させるためにはこれらの可能性を排除する必要があります。


舌痛症の症状


舌痛症の痛みの現れ方やその表現には大きな個人差があります。そのなかでも焼けるようなヒリヒリ感と表わす方が多く、このことから舌痛症は口腔内灼熱症候群(こうくうないしゃくねつしょうこうぐん)、バーニングマウス症候群とも呼ばれます。


他にも針で刺されるようなチクチク感やピリピリ感があったり、痛む場所がコロコロと変わるケースもしばしばです。痛み以外にも味覚の低下、舌の乾燥感、しみるような感覚、しゃべりにくさ(ろれつが回らない)、食欲の低下、吐気、漠然とした違和感などを訴えられる方もいらっしゃいます。


痛みの強度も持続的であり日常生活や仕事が困難になるようなケースから、たまに痛む程度まで様々です。その一方で食事を摂っている時、睡眠時、発声時、午前中などでは痛みが軽快しやすいことが知られています。痛む場所は舌の先端である舌尖(ぜっせん)から側面の舌縁(ぜつえん)に到る「Uの字」に現れやすいです。


慢性的に痛みが強く現れる方の場合、精神的に追い込まれてうつ病を患われてしまうケースもあります。しかしながら、舌痛症からガンといった重篤な病気に繋がったり、他者にうつる(感染する)といった報告はないので過度な心配は禁物といえます。


うつ病ほどではなくても痛みによるストレスで胃痛や腹痛、首肩の凝り、頭痛、頭重感、眼精疲労、めまい、不眠、疲れやすさといった自律神経失調症と考えられる症状を訴えられる方もいらっしゃいます。


舌痛症の西洋医学的治療法


舌痛症の原因が不明なため、西洋医学的な治療法は確立されていません。一方で精神的なストレスで悪化する傾向が顕著な方に対しては、抗うつ薬や抗不安薬が持つ鎮痛効果を期待してしばしば用いられます。


具体的にはエビリファイ(一般名:アリピプラゾール)、ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)、ソラナックス(一般名:アルプラゾラム)、デパス(一般名:エチゾラム)、ランドセンやリボトリール(ともに一般名:クロナゼパム)、リーゼ(一般名:クロチアゼパム)、リフレックスやレメロン(ともに一般名:ミルタザピン)、ルボックス(一般名:フルボキサミン)などが挙げられます。


他にも神経のトラブルによって生じる痛みである神経障害性疼痛を鎮めるリリカ(一般名:プレガバリン)、ビタミンB12製剤であり末梢神経の傷を回復させるメチコバール、亜鉛を含んだ胃粘膜保護薬であるプロマック(一般名:ポラプレジンク)、その他にも胃酸を抑制する薬や副腎皮質ステロイド薬の軟膏剤などもしばしば使用されます。


舌痛症の漢方医学的解釈


漢方医学的な視点から舌痛症を考えると、何らかの原因で身体の内部で発生した熱が関与していると考えます。この熱は西洋医学的な体温計で測れる「熱(発熱)」を指しているのではなく、漢方独自の概念である「熱」となります。


具体的には精神的なストレスの蓄積、辛い物やアルコールの摂り過ぎ、感染症などによって引き起こされた熱が五臓六腑(ごぞうろっぷ)を侵し、結果的に舌の痛みを生じさせます。このケースの熱は実熱(じつねつ)に分類され、舌痛症にくわえてどの五臓六腑が障害されているかによって舌の痛み以外の症状が発生します。


他にも身体を適度にクールダウンする津液(しんえき)や血(けつ)といった物質が過労、慢性病に対する闘病、加齢などによって減少することで発生する熱も存在します。この場合の熱は身体に必要なものが虚したことで起こる熱なので虚熱(きょねつ)と呼ばれます。


さらに熱以外にも消化器の力が低下している脾虚(ひきょ)の状態でも舌に痛みが現れることがあります。経験的に舌痛症の痛みは挙げてきた複数の原因が重層的に絡んだ結果として起こっているという印象を受けます。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた舌痛症の治療


舌痛症の原因が熱による場合、その熱を鎮める漢方薬をもちいることで痛みを除くことが出来ます。もし熱が虚熱の場合、津液や血を補う漢方薬が舌痛症の根本治療につながります。多くの場合、虚熱であっても少量の熱を鎮める生薬をもちいて、積極的に熱によって生じている痛みの軽減を図ります。


熱を抑える代表的な清熱薬(せいねつやく)としては黄連、黄芩、黄柏、山梔子、石膏などが挙げられます。これらの生薬を含む漢方薬は舌の灼熱感が強く、色は赤々としている実熱の舌痛症に有効であることが多いです。


津液を補う代表的な滋陰薬(じいんやく)には麦門冬、天門冬、枸杞子などが挙げられます。血を満たす補血薬(ほけつやく)には地黄、芍薬、当帰、酸棗仁、竜眼肉などが使用されます。これらを含む漢方薬は虚熱による舌痛症治療の中心となります。虚熱による舌痛症の特徴としては口腔内の乾燥感、舌がV字に痩せている、舌に深い溝がある点などが挙げられます。


他にも疲労感が強くて食が細い方には消化器の調子を改善する補気薬(ほきやく)を多く含んだ漢方薬も使用されます。このように舌痛症の治療には原因ごとに内容が異なった漢方薬が使用されることになります。


舌痛症の改善例


改善例1

患者は50代前半の女性・パート勤務。40代後半頃からしばしば舌の先にヒリヒリする違和感を覚え始めていました。一方で普段の生活に支障が出るわけでもなく、食事や会話に問題はなかったので症状は放置していました。


しかしながら、更年期障害と考えられる強いのぼせ感、イライラ感、寝つきの悪さ、重だるさなどが現れ始めると比例して舌の違和感も増大。徐々に熱感をともなう痛みに変わってゆきました。さすがに家事やパートの仕事をこなすのが辛くなり、婦人科を受診しました。


婦人科からは低用量ピルが処方され、服薬を開始。酷かったのぼせはだいぶ楽になり、その他の症状も緩和されました。一方で舌の痛みは変わらず、逆に食欲の増加と口臭が起こるようになってしまいました。婦人科からは心療内科も勧められましたが抵抗があり、漢方薬での治療を希望し当薬局へご来局。


ご症状を伺うと、舌の痛みは常にある一方で「何かを食べていると痛みが弱まるので、ついつい間食が多くなってしまった」とのこと。結果的に体重は増加傾向で、痛みが強くなり始めてから5~6kgは増えてしまったという。舌の状態は舌尖にやや赤みがあり、黄色くて厚い舌苔(ぜったい)がありました。


この方には過剰な熱を鎮める黄連や黄芩などから構成される漢方薬を調合しました。最初のうちは苦くて服用が大変だとこぼされていましたが、数ヵ月が経つと「逆に苦みで身体が引き締まるような気がする」と慣れられたご様子。舌の痛みは少しずつ軽減され、痛みを感じない時間帯もあるとのこと。間食も減ったので体重は2kgほど減りました。


同じ漢方薬を粘り強く継続して頂き、半年強が過ぎる頃になると舌尖の赤みは弱まり舌苔も薄く白色に変わりました。痛みも順調に緩和し、以前の弱い違和感を覚えるレベルにまで鎮まりました。くわえて「子供たちから口が臭いといわれなくなった」とのこと。


舌痛症が改善された後も漢方薬を服用していると些細なことでイライラすることも減り、睡眠も深くとれるようになったということで継続服用して頂いています。なかなか改善されなかった重だるさも体重が更年期障害発症前の水準まで減ると、大きく軽減されました。


改善例2

患者は40代後半の女性・大学職員。数年前から舌の側面に傷が出来ているような痛みが現れました。最初のうちは知らない間に舌を噛んでしまったかと思い、特にケアもせず過ごしていましたが痛みは消えませんでした。口内炎のたぐいかと考えて市販のビタミン剤を使用しても効果はなし。


定期的に歯のクリーニングで受診している歯科医に相談すると初めて舌痛症の可能性を指摘されました。紹介された内科で血液検査などを行っても異常は見られず、舌痛症と診断されました。内科からは少量の抗不安薬を処方されましたが、服用するとめまいでフワフワしてしまい継続できず、漢方薬での治療を希望し当薬局へご来局。


ご症状を伺うと舌の痛みは一定ではなく、職場で強くなりやすい傾向がある。痛む場所は舌の中央が多く「4~5本の極細の焼けた針でチュンチュンと突かれたような痛みがある」という。舌痛症以外の症状としては喉のつまり感、吐気、食欲の低下、腹部の張り、緊張のしやすさと気分の沈み、疲労感が挙げられました。


くわえて「今の職場は神経質な人が多くて、いつも空気がピリピリとしている」とのこと。さらに仕事以外にも同居している義理の母の介護も重なり、精神的な負担はかなり強い状態。舌の状態はやや厚い白色の舌苔があり、潰瘍や傷のような外観の異常はなし。顔色は青白く、体型はやせ形。


この方は気の滞りにくわえて気自体が不足していると考えました。そこで気をスムーズに巡らす香附子や蘇葉、気を補う人参や白朮などから構成される漢方薬を調合しました。くわえて気の流れを良くするため、疲れを持ち越さない程度にウォーキングをお願いしました。職場でも何か理由を付けて歩いてもらい、座りっぱなしは避けて頂きました。


漢方薬を服用して3ヵ月程が経過すると徐々に食欲が高まり、吐気や喉が塞がったような不快感は薄れてゆきました。一方で痛みに大きな変化はありませんでした。変更も考えましたが、ご本人が「すぐに疲れて横になることも減り、少しずつ体力的にも精神的にも楽になってきている」とおっしゃられたので同じ形で継続。


さらに数ヵ月が経つと舌の真ん中に生じていた痛みの範囲が小さくなり、緊張が高まる場面でも以前ほど痛みが気にならなくなりました。引き続き、消化器を含めた体調全般が安定していたのでその後も同様の漢方薬を服用して頂きました。


最終的には1年半ほど漢方薬を続けて頂き、舌痛症による痛みはほぼ消失。仕事中はいつも緊張して身体に力が入っている不快な感覚がありましたが、そちらも楽になりました。その後は消化器重視のケースと緊張緩和重視のケースで漢方薬を使い分けしつつ、舌痛症を再発することなく過ごされています。


おわりに


舌痛症は視覚的にも血液検査などを受けても異常が発見できない病気です。舌痛症のくわしいメカニズムも明らかにされていないこともあり、西洋医学的な治療が困難な病気のひとつといえます。そのため、様々な医療機関や診療科を受診しても症状が改善されず、途方に暮れている方も少なくありません。


漢方薬の治療は病名や西洋医学的な原因に縛られず、患っている方のご症状と体質からアプローチすることが可能です。漢方薬を服用し始めてからご体調が好転する方がとても多くいらっしゃることから、舌痛症と漢方薬は「相性」が良いと実感しています。是非一度、舌痛症にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

このページの先頭へ