相談の多い病気

ページ一覧

【 子宮筋腫 】と漢方薬による治療

子宮筋腫とは


子宮筋腫とは簡単に表現すれば子宮にできる良性の腫瘍のことです。良性の腫瘍とは命に影響を及ぼす可能性の低い腫瘍のことを指します。子宮はひとつの筋肉(平滑筋)でできた袋のような存在であり、そこにできた腫瘍なので「筋腫」となります。


子宮筋腫は婦人科の腫瘍の中で最も多い病気とも言われており、小さい筋腫も含めると20~25%程度の女性に存在すると考えられています。そのような子宮筋腫は筋腫ができた部分によって大きく3つに分けられます。ひとつが子宮の外側にできる漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)、子宮筋層内にできる筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)、そして子宮の内側にできる粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)です。この粘膜下筋腫はしばしばつらい生理痛や不正出血といった症状を起こすことが知られています。


子宮筋腫の原因


子宮筋腫の根本的な発生原因は不明な点が多いのですが、女性ホルモンであるエストロゲンの働きによって成長することが知られています。したがって、女性ホルモンが活発に分泌されている10~50代の女性、特に30~40代は子宮筋腫のリスクが高いといえます。逆にいえば閉経後の女性の場合はリスクが低く、既に子宮筋腫がある場合もその大きさが縮小することが知られています。


子宮筋腫の症状


子宮筋腫は命に関わることは少ない病気です。一方でさまざまな症状が引き起こされる病気でもあり、生活の質を左右する問題といえます。特に子宮の内側にできる粘膜下筋腫は子宮の動きに合わせて刺激を受けやすいので不正出血や出血過多による貧血、下腹部痛や腰痛などの原因となります。


漿膜下筋腫や筋層内筋腫も大きく成長してしまうと神経や他の臓器を圧迫して腰痛や排尿障害(頻用や尿閉)、水腎症などを引き起こします。さらに子宮筋腫は不妊症や不育症(早産や流産)の原因にもなるので、妊娠を希望されている方には症状以上に大きな問題となりえます。


子宮筋腫の西洋医学的治療法


子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンを成長の糧としているので、そのエストロゲン分泌量を下げる薬物療法と手術が治療の中心となります。治療に用いられるのは主にGnRHアゴニスト(ゴナドトロピン放出ホルモン作動薬)という難しい名前の薬です。GnRHアゴニストは脳下垂体に作用してエストロゲンの分泌を抑えます。


GnRHアゴニストを用いることでエストロゲンの分泌は抑えられますが、人工的に更年期を生み出すようなものなのでほてり感、頭痛、肩凝り、発汗過多、動悸、めまい、吐気と嘔吐、イライラ感などの更年期障害のような副作用が起こることもあります。もし薬物療法で対応が難しい場合は子宮の一部や全体を切除する手術が選択されます。


子宮筋腫の漢方医学的解釈


漢方医学的には子宮筋腫を含んだ腫瘍は瘀血(おけつ)と呼ばれる血の滞りによって生まれるものと考えます。瘀血が生じるとその部分に刺すような痛みや不正出血などが起こりやすくなります。


この血の滞りが起こる原因はいくつか考えられます。まず血を動かして身体中を循環させているのは気の働きです。気が何らかの影響で不足したり気も滞ってしまった場合、気が持っている力が充分に発揮されず血も滞って瘀血が生まれてしまいます。気のトラブル以外にも冷えによっても血の流れは悪くなってしまうので、冷え性(冷え症)を改善することは非常に大切です。


さらに津液の滞りや血の不足なども瘀血の形成には関与しますので、子宮筋腫には十人十色の複合的な原因があるといえるでしょう。したがって、個々人の体質や症状などから慎重に原因と治療法を決定する必要があります。

(よりくわしい漢方用語などの説明は漢方名処方解説をご参照ください)


漢方薬を用いた子宮筋腫の治療


子宮筋腫治療の中心になるのは血の流れを改善する生薬(活血薬)を含む漢方薬になります。活血薬には桃仁、当帰、川芎、牡丹皮、紅花、延胡索などが挙げられます。特に延胡索は優れた鎮痛効果を発揮し、当帰は血を補う力も強いので血が不足している方の子宮筋腫にとても有効です。


血を動かしているのは気でしたので、気に対応した漢方薬も子宮筋腫治療に用いられます。疲労感、身体の重だるさ、食欲不振、息切れなどの気の不足が顕著なら気を補う生薬(補気薬)である人参、黄耆、大棗、白朮、甘草などが用いられます。精神的ストレスなどを受けて気の流れが悪くなっている場合、気の流れを改善する生薬(理気薬)である柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子なども必要になってきます。


さらに冷え性(冷え症)があると血の流れが悪くなるので身体を温める生薬(散寒薬)である桂皮、乾姜、細辛、呉茱萸、附子も検討されます。このように子宮筋腫に用いられる漢方薬は活血薬を中心としつつ、その方の症状や体質によって様々に変化してゆきます。


生活面での注意点と改善案


当薬局にご来局される子宮筋腫を患っている女性のほぼすべてに共通しているのが冷え性(冷え症)です。冷えは血流を悪くしてしまうのでつらい生理痛を起こしやすくなります。まずはこれ以上身体を冷やさないようにすることが大切になります。


服装に関しては特に冬の服装、ファッション重視の薄着は問題になりがちです。以前、「ファッションは我慢」という言葉を聞いて妙に納得したことを記憶しています。しかし、金銭面の我慢ならともかく、健康に問題が出てきては我慢している場合ではありません。


しばしば、「生足」「へそ出し」「ノースリーブ」という「冷え性(冷え症)・三種の神器」を携えてご来局される方も多くいらっしゃいます。そうなるといくら漢方薬で対応しても、薬効を相殺されてしまい十分な効果が期待できなくなってしまいます。


まず、冷え性(冷え症)の方は「毛糸の靴下」「下着の上に毛糸のパンツ」「腹巻」という「保温・三種の神器」がお勧めです。その他にもカーディガンや毛布などを持ち歩くと外出時のクーラー対策にもなります。これは夏場の予期せぬクーラーにも有効です。


他にもぬるめのお風呂に長く浸かるといった方法も冷え性(冷え症)には有効です。熱過ぎるお風呂は長く浸かっていられないので結果的には身体の芯まで温まらなくなってしまいますので注意してください。さらにシャワーは身体の汚れを落とすものであり、温めるものではありませんので冬だけではなく夏もしっかりと湯船に浸かることをお勧めいたします。


子宮筋腫の改善例


患者は30代後半の女性・公務員。高校生の頃から生理が不順で社会人になってからは強烈な生理痛にも悩まされ始めました。徐々にご症状が悪化してゆくことに心配になって婦人科を受診すると直径約3cmの子宮筋腫(粘膜下筋腫)が発見されました。ご症状を引き起こしていた部分の子宮筋腫は手術によって取り除きましたが、それ以外にも切除困難な小さい筋腫がいくつか残っているとのこと。


生理痛はピークほどではないが、寒い時期になるとやはりつらいという。ホルモン療法も追加的に行いましたがほてりとイライラ感の副作用が強く中止へ。鎮痛剤だけでは痛みは緩和されず、以前から漢方薬に興味があったこともあり当薬局にご来局。


お話を伺うと子宮筋腫による生理痛以外にも不正出血や貧血による立ちくらみも気になっているとのこと。さらに顔色の悪さやアザができやすいことなどからこの方は血の滞りである瘀血が原因で強い痛みが起こっていると考えました。そこで当帰、牡丹皮、紅花などの血の流れを改善する生薬にくわえて痛みを抑える働きもある延胡索を含んだ漢方薬を服用して頂きました。


服用から4ヵ月が経過した頃にはやや早めの20日周期だった生理が安定して、痛みもだいぶ緩和されていました。あまり鎮痛剤を使わなくてもすんでいるとのこと。しかし、まだ出血がしばしばあるということで血を補う地黄、芍薬、出血を抑える艾葉などから構成される漢方薬を併用して頂くことにしました。


そうして7ヵ月が経つ頃には不正出血もおさまり、それに伴って貧血傾向も改善。問題であった子宮筋腫も大きくなることなく安定しており、痛みもすっかり無くなっていました。この方は再発予防と健康維持の意味合いも含めて漢方薬の服用を継続されています。


おわりに


子宮筋腫はつらい生理痛や不正出血などが定期的に訪れることから、日常生活において支障が大きい病気といえます。症状だけではなく子宮筋腫は不妊症の原因にもなる代表的な病気でもあるので、顕著な症状がなくてもお子様をご希望の方には大きな問題です。


当薬局では生理痛を中心とした子宮筋腫の症状が漢方薬の服用によって好転する方がとても多くいらっしゃることから、子宮筋腫と漢方薬とは「相性」が良いと実感しています。是非一度、子宮筋腫にお悩みの方は当薬局にご来局くださいませ。

このページの先頭へ