お問い合わせ

お使いのメールサービスやウイルス対策ソフトなどの設定によって、当薬局からの返信が不着になるケースが増えております。原則、2~3営業日以内に返信を行っております。それを過ぎても返信不着の場合は、お手数になりますがお電話(03-3971-2316)を頂けますと幸いです。

お問い合わせの前に

是非、お問い合わせフォームをご記入される前に一度ご覧ください。

よくあるご質問

しばしば頂くお問い合わせとその回答をご用意いたしました。

よくあるご質問(お問い合わせ編)

ご予約

ご予約のお申し込みはご予約専用フォームをご利用ください。

ご予約フォーム

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーをご覧ください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらのお問い合わせフォームから受け付けております。

必須過去に当薬局へのご利用
あり なし
必須過去のご利用はいつ頃になりますか
3ヵ月以内 1年以内 1年よりも前 3年よりも前
(ご不明の場合はおおよそで大丈夫です)

必須ご氏名

姓と名の間を1マス空けてご入力ください
例:一二三堂 太郎

必須ご氏名フリガナ

姓と名の間を1マス空けてご入力ください
例:ヒフミドウ タロウ

お客様番号

4桁のお客様番号

必須ご住所
郵便番号

都道府県

市区町村

○丁○○番地○○マンション名○○号室までご入力ください。
必須TEL
必須メールアドレス
必須メールアドレスを確認のためもう一度


必須お問合わせ内容
薬を代金引換便で発送 薬の作り置き その他
代金引換便は配達のドライバーの方に現金でお支払い頂くシステムです。関東近郊の場合、送料と代引き手数料は1,200円となります

下記にご希望の漢方薬の調合日数や到着日時をご記入・選択してください。
お急ぎの場合はお手数になりますがお電話(03-3971-2316)ください。
必須煎じ薬のご希望日数をご選択ください
※煎じ薬のみで30日分以上のご購入で割引が適用されます
※価格は税込み価格となります。
必須粉薬のご希望日数をご選択ください
※粉薬のみで30日分以上のご購入で割引が適用されます
※価格は税込み価格となります。
必須到着日
到着日につきましてはご入力日の4日後を目安にご指定下さい
例)ご入力日が12月3日でしたら12月7日以降を目安にご記入ください
必須到着時間
到着時間につきましては…
【指定なし】【午前中】【14~16時】【16~18時】【18~20時】【19~21時】
…からご指定ください
例)12月3日なら【午前中】、12月4日以降なら【19~21時】
ご入力頂きました内容を確認後、改めましてこちらから到着日時や代金引換時にお支払い頂きます金額などをご連絡いたします。年末年始、ゴールデンウィーク、夏季休業をはさむ場合はご希望に添えない場合もございます(休業日はトップ画面の営業日カレンダーをご参照ください)。その際もこちらからご連絡させて頂きます。
ご要望などをご記入ください
ご希望の漢方薬の調合日数やご来局日時をご選択・記入ください。
お急ぎの場合はお手数になりますがお電話(03-3971-2316)ください。
必須煎じ薬のご希望日数をご選択ください
※煎じ薬のみで30日分以上のご購入で割引が適用されます
※表示の価格は税込み価格となります。
必須粉薬のご希望日数をご選択ください
※粉薬のみで30日分以上のご購入で割引が適用されます
※表示の価格は税込み価格となります。
必須ご来局日
ご来局日につきましてはご入力日の3日後を目安にご指定下さい。
定休日は水曜日・日曜日・祝日、営業時間は午前10:00~午後7:00です
例)ご入力日が12月3日でしたら12月6日以降を目安にご記入ください
ご入力頂きました内容を確認後、改めましてこちらから到着日時や代金引換時にお支払い頂きます金額などをご連絡いたします。年末年始、ゴールデンウィーク、夏季休業をはさむ場合はご希望に添えない場合もございます(休業日はトップ画面の営業日カレンダーをご参照ください)。その際もこちらからご連絡させて頂きます。
ご要望などをご記入ください
必須お問合わせ内容
  

よくあるご質問(お問い合わせ編)

初回から来局せずに漢方薬を郵送してもらえますか?
原則的に一度はご来局して頂いております。それ以降は郵送でも対応は可能です。これは漢方薬を調合する上で最大限の情報(具体的な顔色や体格からその方の雰囲気まで)を収集するためです。
代理で漢方相談を受けても大丈夫ですか?
ご本人がご来局されるのがベストですが、それが難しい場合は代理の方がご来局されても大丈夫です。その際、ご症状やご体質をまとめたメモなどがございましたらよりスムースに対応できるかと思います。
病名がはっきりわからないと漢方薬は調合できないのですか?
漢方薬はご症状やご体質などをもとにして調合いたします。したがって、西洋医学的な病名が明らかになっている必要はありませんのでご安心ください。むしろ漢方薬は「病名がはっきりしないけれど体調が悪い」「病院では異常なしと言われた」というような場合でも治療が可能です。それは伺ったご様子から身体におけるバランス(気・血・津液の過不足など)の歪みを判断し、それに対して治療を行えるからです。
西洋薬との併用は可能なのでしょうか?
基本的には可能です。しかしながら、ごく稀に西洋薬の成分と生薬に含まれる成分が重複してしまうような場合もございます。ご来局時に服用中の医薬品名がお分かりになるようでしたらお伝えください。

このページの先頭へ